フナエモン立呑温泉Blog

主に堺東を中心の「風呂」と「呑み食い」etc珍道中!

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

堺東 「パプリカ食堂」は自分のアジトの並びの店。


俺がよく行く某呑み屋の細い路地。
元々ダーツBARや海鮮丼の店のあと、
内装工事を綺麗にやりはったお店が
去年頃からオープンしていまつた・・・
papurika1gaikan1.jpg
オシャレな感じが、菌的な俺を跳ね返そうとする。
あ、あ~アカンアカン、場違い野郎になるかも師。

正式店名は何と言うのや・・・・

【パプリカ食堂】
papurika1papurikamozikanban.jpg
出来た頃は「BARを誘う上品な高めのワイン店」
とばかり思い込み、気にはなるが、女性系の店やし、
って事で入る気にはなれなかった。
ああ、やっぱムリ、ムリかな~~

・・この頃、知人がカレー屋を始めた事から、
「カレーやインド系料理」に目覚めたのか、
こちらのメニューにあるランチの野菜カレーが
非常に気になるようになってきた・・・

「過度な期待は一切しない!w」
・・・そう、これは案外美味しく食べられるか?どうか、
一番分かれる部分の気持ちの持ちよう。
よしっ。とうとう参ろう!新店に入る前に自分のスタンスは決めといた。
papurika1tennai1.jpg
以外にもほっこりした感じですね。
調度品や内壁も落ちつける雰囲気と色使い。

ランチメニューの確認。
目的は「野菜カレーと玄米ライス」だ。
papurika1lunchmenu.jpg
隣に座っていた老夫妻方が注文した、
異様にデカい皿のワンプレート皿で
サラダがてんこ盛りに盛られているのが目に入った。
1日分の野菜が気になってる・・・
一瞬迷ったが、やはり野菜カレーの方を選択。



【野菜カレー(玄米ライス)¥800】
正式名ではないが御勘弁を。
papurika1yasaicurry1.jpg
器のこだわりもあるのね。



玄米ライス。白米の殻つき米。
papurika1yasaicurrymeiup.jpg
汁ものには玄米の炊かれ方な触感でも良いかと。
少し香ばしい感じ、いけますわ。

1日分の350g野菜が入ったカレー。
papurika1yasaicurryup.jpg
小松菜・パプリカ・ジャガイモ・トマト・人参・玉葱・・etc.
野菜は形を残して出す為か、恐らくはじめからは
煮込みされていない感じ。
papurika1papurikaup.jpg

ジャガイモはふかしてあるものを途中から入れた様子。しかも皮付きです。
papurika1zyagaimokawa.jpg
ルー以外に動物性という肉類を使っていない、
野菜だけのカレーやのに、
コクも程よい辛さ
もあるのが特徴かなぁ!
野菜は奈良の知り合いの農場で作られたものばかり。
とか。なるほど。

ランチ後はプラス¥150で飲めるドリンクを。

目についたのは、これ、何でしょう・・・
papurika1ruibosumozi.jpg
「ルイボスティー」。お店の方にお話を聞いたところ、
主に南アフリカではよく飲まれる、ルイボスという
乾燥地域でも成長する草だそうで、
ノンカフェインドリンクだそうです。

こういったものはまずhotでいただこう。
papurika1ruibosutea.jpg
個人的な感想は、あまりクセのない、
エグミも無いほのかに香ばしい感じなドリンク。
と思います。


先日、かんむりやで聞いたお客さんが言っていた、
「Hotワイン」を発見!!
papurika1hotwine.jpg
ワインをあたためてシナモンの香りでいただく
・・・・これも話だけで未知のドリンク。

次回また来てみたくなる感じなお店でした。
店頭の飾りを見ながら、またHotワインでも
呑みにきたいなあ!と。
papurika1gaikanwine.jpg
このお店は正直な感じも全体的に思わせます。

また自分が来たいナアと言う店がこの街に出来ました!(^o^)♪



◆パプリカ食堂
堺市堺区北瓦町2-1-33
072-275-6844
11:30~14:00
17:00~24:00
[日曜定休]
スポンサーサイト

| 辛い系 | 06:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。