フナエモン立呑温泉Blog

主に堺東を中心の「風呂」と「呑み食い」etc珍道中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泉佐野 「大将軍湯」は昔ながらの薪で井戸水沸かし銭湯¥250


以前、堺の中深井にある「深井中央温泉」の女将さんにこのお風呂を紹介していただきました。


「大将軍湯」

夜は暗くて分からないですよね。
昼間通るとこんな感じです。

なかなか古風でしょ?

昭和11年からお風呂は営業しているそうです。



暖簾をくぐると、そこには数個しかないロッカー。


人一人がすれ違うのでちょうどという入り口。

番台でお金を払う。

ナント「¥250」 
でした。


この脱衣場にある提灯。

あ、この本に載ってましたね。




5月の仕事帰りに夜、時間が空いたのでやって来ました。(^-^)♪

「深井中央温泉」のママさんが来られたという話の後、
この新聞の記事を見せて下さいました。

数年前に病気で入院後、営業をやめようかと思っていたのやが、
周囲の熱い存続のお願いで再オープンとなったそうです。

これが街の銭湯なんだな。とちょぴりウルルン気分に。


お風呂に入りましょ。
ガラガラッと開けるとこんな感じ。
浴槽
P1020543.jpg

中央の主浴槽、奥に浅めの小さい浴槽一つ。
P102054201.jpg
ホンマにシンプル。
お湯はけっこう熱い。43度半くらいはあるんじゃないかな?
ただ、湯ざわりが良いのでそこまで熱いとは感じなかったですが。

その他に水そうがあります。
P1020545.jpg
井戸水だそうです。柔らかい感じがします。

ガラスには広告。定番的な光景ですね。
P1020544.jpg

この奥にあるドアのすぐ向こうでは釜炊きが行われています。
ちょっとこのガラスからみえましたねん。
釜炊き室
本当は釜炊き場も撮りたかったのですが、
今日はもう暗くて無理みたい。次回で。




なかなか味わい深い銭湯でしたね。

釜炊きお父さん、番台お母さん、
これからもがんばって営業してくださいネ!



◆大将軍湯
泉佐野市本町2-12
(2011年現在の実際の住所)
0724-62-0277
16:00~21:30
[入浴料]¥250
[火.木.日定休]
P無し
スポンサーサイト

| 温泉/銭湯 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

違いの解るガクチさん(笑)

そ、そこ~~(前にも?)

そうなんです。大概関東は奥ですよね。
何でか?…知りませんねんf^_^;;

調べてみましたがあまりそこには触れてませんでした。

う~~ん甘い!調べ直し続けてみます!

| フナエモン | 2011/05/22 12:46 | URL |

湯船東西

前も言うたかなあ?

大阪の湯船て写真みたいに、島になってて女湯の方によってんねん。
ほんで、周りに腰掛けられる段があるねん。

東京の湯船は、入り口から見て、突き当たりにあって、段がないねん。

なんでやろ?
銭湯研究家のかたのご意見は?(笑)

| ガクチ | 2011/05/21 15:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funaemonblog.blog25.fc2.com/tb.php/151-838ae003

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。