フナエモン立呑温泉Blog

主に堺東を中心の「風呂」と「呑み食い」etc珍道中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪 大正やまとの湯へは渡船を使って行く「フナ旅」w


今回は「萩之茶屋」駅から鶴見橋商店街をひたすらに西へ、
taisyouyamato1chizu.jpg
津守の「落合上渡船」を使い、大正やまとの湯へ行きます。
まあ~これ、結構ベストな道のりです。
萩之茶屋駅から落合上渡船場まで徒歩30分くらいでした。



「鶴見橋商店街」周辺も結構好きだ!
串カツ「ひげ勝」「登美屋」とか「千成温泉」もあったり、
スーパー「越前屋」は玉出よりいいと思う。
taisyouyamato1sennarionsen.jpg
・・明けましておめでとうございます と書かれた暖簾。
【千 成 温 泉】

 

一応、南海「津守」駅は南海高野線です。
汐見橋線と言う方がフツーやけど。
taisyouyamato1tsumorieki.jpg
ハンパねぇ…ローカルチックな状況。
区内とは思えねぇ感が漂う。

とか、言ってる間に電車来たんで撮ってみた。

2両編成やし。
将来、汐見橋駅北へ延線される可能性も秘めてるらしい。


津守駅からちょろっと歩いたら渡船場に着いた。
taisyouyamato1tosenbamae.jpg
チャリの他、車椅子も乗船可能のようだ。


まだ船は来ていない。人は待っている。
taisyouyamato1tosenba.jpg


おや、結構な時間間隔で船動いてんやん。
taisyouyamato1tosenbazikoku.jpg


「船が来たぞぉ~ぉ~~(^o^)」
taisyouyamato1tosenbafunekita.jpg


停留し、降者客に続き早速乗船。

1分足らずの船旅。フナ旅。


たまにフナ旅はええで。
taisyouyamato1tosensen.jpg


降りてから数分でようやく到着。
沖縄チックなヤツがおるねん。
taisyouyamato1yamatodouzouup.jpg
玄関の前に鎮座してるがな。
taisyouyamato1yamatodouzougaikan.jpg


大正やまとの湯。
4度目くらい。場所が場所やし、まあ来んねんケド。
taisyouyamato1yamatogaikan.jpg
循環の温泉で源泉は約37℃、単純泉。
土日祝は一般大人やと¥800はちょっと高いと思う。
まあ、木津市場の非温泉のスーパー銭湯も似たような値段だがな。

ただ、大正やまとの湯は久々だったが、露天ぬるま湯温度は入りやすかった。
レストラン料理もまあたまには頼んでもいいかな?
と思う感じやった。
やまと系は再入浴は「温泉三昧券」を購入しないといけないので、
これもちょっとよろしくないなぁ…


今回はこの今月末までのスタンプラリーで来ましたん。
taisyouyamato1yamatosutanpu.jpg
あと2つ(見えてないとこにあと印1つあるの)
で自分的には計10個で目標達成!やん。


ま、お決まりの風呂あがりはこれ、ね!
taisyouyamato1yamatogokurakunyanko.jpg
さ~西成の何処で呑みますかね?



◆大正やまとの湯
大阪市大正区千島1-23-85
06-6555-4126
10:00~深夜1:00(入館は24:00まで)
[メンテナンス等以外は年中無休]

平日¥750(会員¥700)
土日祝¥800(会員¥750)
※再入浴不可
(再入浴可能な「温泉三昧券」はプラス¥200程で浴衣セットであり)

[参照]http://www.yamatonoyu.co.jp/all/map/taisho/

◆大阪渡船情報(運行時間などの情報があります)
※落合上渡船場は地図では「④」
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011244.html
スポンサーサイト

| 温泉/銭湯 | 08:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funaemonblog.blog25.fc2.com/tb.php/262-0538ee66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。