フナエモン立呑温泉Blog

主に堺東を中心の「風呂」と「呑み食い」etc珍道中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兵庫 マチュピチュと滝と湯村温泉②


マロン隊長より目的地指令が出た!
2つの「滝」を目指せとな。


ほぼ鳥取との境目くらい。
上山高原。
シワガラの滝へ行く。

まぼろしかどうか?を確かめるんや。


車を降りて山道1.2kmと出ている。


と、その横の何やら記録帳へ眼をむける・・・


入山ノートだ!・・・と言う事は何か?

・・・まぼろしの滝とは如何に?
ちと、ケツの穴が閉まった。
見るな!と言われれば見たくなるし、
行くのに困難!と言われりゃ行きたくなるのが心情。
まさかそんな所へ来るとは。
選択肢など元々ない。行くぞ~(^o^;)


しだの葉が「待て。行くんか?おぬしら?」と、手ぇ広げてるわ。

まあまあな山道を400mほど登ると
向こうに降りる感じになった。
河内長野自宅の裏山くらいな気分やったが・・



微妙に谷が見えそうなくらいから
クワッと急降下。
トラロープや鎖の地帯や。
家に正月金剛山行く用のアイゼン、
やっぱ積んどきゃえかったなー。


滑りやすく、コケも多い急斜面やったが、
ようやく沢へとたどり着いた。

えっ?滝はまだ上流なんかぃ!

先客の親子つれも同じ方向でしたか。
道なき沢登りという感じー。

ここ手前。やっと来れました!
うんにゃ、ここまだ途中!(;´д`)
木ぃ登ってくんかぃな?

・・と、やっぱお約束。

ああ~ドッポーン!┐('~`;)┌
2回ほど沢へはまっとった。足びちょびちょやw

そこからは先客のルートを参考に続く・・・


どうやらあの岩盤奥がシワガラの滝のようや。



滝壺は岩盤ドームのようになってん。

ごうごうと激しく音を立てて流れ落ちる。
自然のチカラ。


水流で綺麗にえぐられ出来た跡。

少し横からみた動画。

カメラの自動調光上、この横からしか撮れない。スマン。
苦労道無き道を来た甲斐がある。

・・しばらくして汗がさぶ~なってきた。



このへんで帰り道に、ようやく気づいたこれ。

岩肌かと思っていたら残っとってんな~


雪溶け水で育ってんやなぁ



一度下山。車で飯食いに行って次なる滝へ。
少し違う尾根向こうやった。



【猿壺の滝】
"さるぼ"と読むようだ。

車を降りるとこの感じ。

もちろん気温は10℃いってへんやろ。

時間は夕方前くらい。
sarubo5nagare3.jpg
川幅はそれほどでもないが、水流は結構ある。





5分も行けば夕日の日差しがチラチラと射す情景。
sarubo4syoumen.jpg
この光の入り具合の数分の1枚。
色々撮っては見たが、これが一番かな。
光を帯びたコケと広がる滝の思い出やね。

横から。
sarubo3hidariyoko.jpg
もうちょっとお陽さんが隠れてなければ
この一枚も良かったかな?

どうせまた動画ですw …逆側から滝のアップです。

この猿壺の滝は、初夏の草木がもっと出てきたら
本当に童話に出てくる森の滝にみえるだろうか。






     ・・・ラスト③へ続く。湯村温泉編。




◆シワガラの滝
◆猿壺(サルボ)の滝
[参考]上山エコミュージアム「みどころ」
http://www.ueyamakogen-eco.net/midokoro3.html
・上記の滝、上山高原付近の情報があります


スポンサーサイト

| 面白変なコーナー | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funaemonblog.blog25.fc2.com/tb.php/278-95857ba7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。